合理的配慮を受けて思ったこと

大学の施設において合理的配慮を使用した感想についてここでは述べる。

そもそも合理的配慮とは、インクルージョンの一貫であり、インクルーシブ教育という健常児と障害児が同じ空間で教育が受けることができ、特別支援といった排除されることなくともに学ぶことでよりよい「共生社会」にしようというものである。サラマンカ宣言やSDGs4にも教育の目標として掲げられている。

 

私はうつ病(主症状)と広汎性発達障がい(背景)と診断されており、合理的配慮をお願いするときになぜか書類に広汎性発達障がいだけが書類に記載された。主症状のうつ病ではなく、背景にある広汎性発達障がいを合理的配慮として対策をとることを講じられた。

また、臨床心理学を学んだ教授、カウンセラー、職員もそれほど人の心理に興味がないことは残念に思った。特にある特任教授は1:1の会話をするときに私の目を見ていないし真顔なのか無表情なのかはたまた素の顔というべきなのか、明らかに話を聞いていないように感じたし、メモをとってないから「友達いるの?」「会話できるの?」といったことを会うたび会うたび聞かれて、3,4回聞いてくるものですから、話に興味がないんだなと強く感じた。

また、友達の有無について聞くことの裏側の意味として「友達がいても少ないんでしょ」というのが感じ取られ、いい気分ではなかった。

あと、合理的配慮のニーズに関する質問を表面だけの会話で行わられ、ニーズに合わないこともあった。それはもしかしたら私が障害と健常の間の、言い換えると黒(障害)、白(健常)のときにグレーになるということ。

いわゆるグレーゾーンではどこまで配慮してここは配慮しないという戦略も難しく合理的配慮を受けて得も損もしなかった感じがした。

 

私の経験上、人に興味があるといえるのは50%かな?と思う。(基準は世の中の平均として)

まあ心理を勉強しているから人に興味があるわけでもなく世間の人と同じ感じじゃないかなと思う。

 

終わりに合理的配慮についての理解、インクルージョンの理解につながる経験にはなったので良かったと思う。

 

 

修士論文についての背景ーカンボジアの研究ー

カンボジアにおける精神的不健康を有する生徒の学力分析について修士論文を収筆した。

ちなみに修士論文のタイトルは「障がい児学力に影響を与える家庭要因及び学校要因の分析-カンボジアにおける精神的不健康を有する生徒を事例として-」とした。

 

なぜカンボジアにしたのかというと理由は

  • カンボジアは旧紛争国であり、他国よりもPTSDといった精神疾患や精神的な障害を有している人が多いこと、またインフラが紛争によって破壊されたこと、医師や教師といった所謂知識人が殺されたこと、から発展途上にある国であり、また背景として都市部と農村部との差が大きく、農村部には病院もなく、カンボジアは多面的に多くの問題を抱えている国であるから。

 

また、PISAに関するデータを使用した理由は

  • PISAのデータは教育のデータとして学校、教師、親、生徒自身、コミュニティのデータが含まれており、また生徒の健康度合い、親と子のかかわり、教師の振る舞いといった細かい情報がデータに含まれていることが使用するにあたり大きな理由となり、背景として今までに精神的不健康を有する生徒を対象に学校要因、家庭要因がどうその生徒たちに影響を与えるかという今までにない新しい研究ができるという利点から使用に至った。 
  • GAF尺度とは

1-100の数値のスケールで精神状態をスコア化し精神保健従事者や精神科医が、成人の社会的、職業的、心理的機能を評価するのに用いられる。数値が大きいほど健康であることを示す。

 

精神疾患は全体的に脳の機能を低下させ、またPTSD双極性障害は不注意を招きやすく学力及びテストスコアが下がるといえる。

 

  • 精神的不健康のスコアとなぜ完全に健康である人を除いたか

完全に健康な人は多く、全くもって健康な生徒と精神的不健康を有する生徒の間で大きなギャップがあるのではないか、また本項の狙いとしては少しでも精神的な問題を抱える人を対象とし、精神的不健康が増すほど学力にどう影響を与えるかを考察するため。

 

研究手法としては重回帰分析を行い、テストスコアを従属変数(被説明変数)、生徒のデータ(デモグラフィー)、学校環境、家庭環境を独立変数(説明変数)としている。

 

  • PISAとは何かについて説明すると

このプログラムはOECDによりなされており、世界的に教育プログラムを評価することを目的とし国際比較により、調査を実施する学校を決定し、生徒を無作為に抽出している。

 

  • Pisa for Development とは?

政策立案者がどう学習環境や教師及び学校システムをよくできるか考察すること、より多くの国がPISAに参加すること、学習状況を分析のもと国の政策決定を提案、SDGsのもと学習成果の質的向上と平等な教育を促進することを目的とする。

 

ちなみにこのPISA for Developmentにはザンビアホンジュラスセネガルパラグアイグアテマラエクアドルカンボジアが参加している。

 

最後に、カンボジアの障がい、特に精神的な障がいに着目したが、カンボジアにおける障がいに関する統計データが一貫していない背景に障がいやその他周辺化された社会的弱者の状況を把握できていないというカンボジア政府の能力不足の問題があるといえる。

世界遺産プレア・ビヒア寺院の背景

プレア・ビビア寺院はカンボジア世界遺産となっているが、背景には複雑である。過去にプレア・ビヒア寺院事件(Temple of Preah Vihear case)というのが、あり領土をめぐってカンボジアとタイが互いに領土を主張し合い、プレア・ビビア寺院の帰属問題をめぐって争った。「プレア・ビビア」はクメール語で「神聖な寺院」という意味である。ちなみにタイではこの寺院をプラーサート・プラウィハーンと呼ぶらしい。

結果としてバークの国際司法裁判所判例によりカンボジアの帰属とされた。

プレア・ビビア寺院は9世紀末にクメール人が建立し巡礼地としてだけではなく、考古学的にも美術的にも価値があると言われる。

世界遺産にも登録されているプレア・ビビア寺院であり、2008年に世界遺産文化遺産として登録されたが、タイの領土なしには世界遺産としての登録基準③と④は認められず、カンボジアの領土のみを考慮し、登録基準①のみで登録されている。

また、カンボジアでは1970年代のカンボジア内戦にて遺産やインフラが被害を受けたが不幸中の幸にもプレア・ビビア寺院の被害は最小限にとどめることができた。

 

日本からの観光客は建物を見て感動するだけの人が多いように見えるが背景や歴史を知っておくとなんとも赴き深いことだろうと感じると思う。

 

日本の教育と将来を考える

SWOT分析というのがあり、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)」の頭文字をとってSWOTとなっている。

内的要因(強みと弱み)と外的要因(機会と脅威)に分けられる。

 

このような分析は大学院(社会科学)での研究でも役に立ったと思う。

 

筆者は大学時代は総合政策(Businesse and public policy)に属し、経営やマネジメント、マーケティング論といったものにはまった。

 

このビジネスに関する勉強は義務教育ではなされず、新鮮であった。さらに、社会に出てから使う機会があるので義務教育として勉強しておくべきであるとも思った。

 

日本では職業体験というのはほんとに短い期間でそれほど集中してなされないわけだが、北欧といった教育先進国では小学生のときから職業実習が課されており、若いうちから将来の目標や夢が明確になる可能性も高い。

 

日本では戦後から教育体制がそれほど変化せず、古い価値観が根付いたまま教育が行われているように感じられ、日本はほんとうに教育において先進国なのか疑問を抱かざるを得ない。

HSPと発達障害の違いと類似点

HSPやらHSS型HSPというのがネット上で有名でありよく知られるようになってきたが、これと発達障害と呼ばれるASDADHDには類似点があることから違い及び類似点に触れていきたい。

 

HSPはアーロン博士によって作られた概念で、範囲としては心理学ではあるが臨床心理学ではなく診断基準であるDSMには載せられていないため病気ではないとされる。

 

2018年ごろからHSPについて知られ始め、繊細で凹みやすいHSP(Highly Sensitive Person)、人一倍繊細な人とされており、全体の20%いると言われている。HSS型HSPHSPのうちの30%、すなわち 0.2×0.3=0.06 より全体の6%とされている。筆者は国籍や生まれた地域によって差があり、日本はHSPは20%より多いのではないか、また周囲のアジアやアフリカの出身の方は日本よりもHSPは確実に少なく、日本人は世界で見たときかなり繊細な気質だと感じている。HSPの割合は地域や国によって変わると言える。

 

 

HSP発達障害も二次的な障害(うつ病などの精神疾患)になりやすいことから似ている部分があると言える。

 

HSP

深く情報を処理する 場や人の空気を深く読み取る能力に長けているが、情報を読み取りすぎるために必要以上に疲れてしまう原因にもなる

刺激を過剰に受けやすい 

共感性の高さ

心の境界線が薄いorもろい

疲れやすい

自己否定が強い

 

ASD

空気が読めないor空気を読みすぎる

疲れやすい

自己肯定感が低い

感覚過敏

傷つきやすい

コミュニケーションが不得意

内向的

こだわりが強い

 

ADHD

空気が読めないor空気を読みすぎる

多動(衝動的)

不注意

好奇心が強い

感覚過敏

傷つきやすい

外向的

 

HSS型HSP

刺激を求めるのに疲れやすい

好奇心旺盛

社交的なのに疲れやすい

斬新な発想力

 

精神科や心療内科では臨床心理学や医学的観点から診断するため、HSPという概念がないため、HSPやHSS型HSPの人が発達障害と診断されることも多い。

 

個人的な観点からASDHSP ADHD≒HSSだと思っており、

ASDHSPも表現は違えど、内向的であり、ASDの感覚過敏、HSPの繊細さは言葉は違えど、解釈としては似た意味になりうる。「空気を読む」と「共感性」もある意味似ている。

個人的には8割ほど類似点があるのではと思う。(人の価値観や解釈によって変わりうる)

 

HSSとADHDも「刺激を求める」と「衝動的」というのも、ある意味似ていて、筆者はほぼ同じであると解釈している。

 

しかしながら、HSPは臨床心理学ではなく、発達障害よりは認知度が低く、医師もHSPについて知らないことは多い。

ゆえに、HSP発達障害と診断されうる理由であろうと考える。うつになりやすいという特性があるのはある意味「障害」ではあるのかもしれない。

 

 

 

 

ファーというおしゃれのために動物が犠牲になっている!

動物性のファーを使用した服はおしゃれではあるが、その背景に動物が犠牲となっており、動物のファーを使うことへの反対運動が起きていたことも過去にあった。

 

今では人工ファー(エコファー)があり、動物のファーではなく人工のファーを推奨しようという動きもある。

 

中国では動物からファーを生きたまま毛だけを剥がすといった動物の命を大切にしていないといったことが反対運動のきっかけとなっている。

 

しかしながら、人工ファーは動物からのファーよりも高いといった背景から普及には至りにくいという課題もある。

 

私たちはおしゃれのために動物の命を犠牲にしていることを忘れてはならず大切に扱わなくてはならない。

科学の進展ーガリレオ衛星を例にー

ガリレオ衛星といって、イタリアの天文学者であるガリレオ・ガリレイによって発見された木星の4つの衛星であり、当時ガリレオが作成した望遠鏡でも見ることができた。

イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストの4つがガリレオ衛星であり、クイズをやっている人やクイズ好きの人ならご存知であろう。

この衛星については水があることから生命体が存在するのではないかと昨今注目が集まっている。私も一時期かなりハマっていた。木星の衛星はかなり多いが特に興味深いのがこの4つのガリレオ衛星である。

 

17世期に発見されたが、宇宙は広大であり、わからないことは多い。今現在の科学では10%も我々を取り巻く森羅万象について判明していない。実際にもこのガリレオ衛星についてもまだ判明していないことが多い。

 

諸事万端のことについて未だにわからないことが多いことは、逆に考えれば考えるほどワクワクするし、ぼっと生きているわけにはいかない。多くのことを特定するにはあらゆる研究が欠かせない。

 

私も研究に関する仕事に携われたらいいなと思う。